三条たたみ 口コミ評判・価格など

三条たたみ 口コミ

三条たたみ 口コミ

日本人なら誰でも馴染みのある畳。

 

日本の家屋に住むに至って、お座敷のある部屋がある方なら知って置いたほうが良い畳の張替えについてお話したいと思います。

 

畳の張替えには、裏返し、表替え、新畳の三つがありますが、表替え裏返し等の修理はプロにお任せするしかありません。

 

かといって、裏返しは地域にもよりますが5,000円内の金額でできますし表替え自体もそんなに高価なものではないですから、畳のメンテナンスを行いながら、裏返し、表替えを行うことによって、畳を長く使うことが可能になります。

 

畳の香りにはリラックス効果や空気清浄の効果もあるため、メリットを得られますが、畳のメンテナンスを怠ると、ダニを繁殖させる事につながり、その結果アレルギーや喘息等を引き起こすこともありえるので、メンテナンスを行うことは怠らないようにしましょう。

 

畳は使えば使うほど、色あせてきます。表替えの目安は、畳の色合いが薄黄色になった頃が調度良いタイミングです。

 

表替えをすると、畳表に居座っていたダニも居なくなってくれますし、色合いが元の綺麗な色に戻ってくれますから、見目も良くなり新調した気分になります。

 

但し、本体には寿命がございますので、畳が柔らかくぶよぶよな状態になり、本体に重大な劣化が見受けられた場合は、畳そのものを新調する新畳を行わなければなりません。

 

 

畳と一口に言っても、ピンからキリまであります。

 

「上質の畳を選びたいけど、それだと高額になる」とか「安い畳がいいけど、質の悪い畳だったらどうしよう」などと悩んでいらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

では畳を選ぶ際、どのような点に注意すると良いのでしょうか?肝心な点として、何よりも畳表が国産のものかどうかを確認することが重要です。

 

国産の畳表は多くの場合いぐさの生産地である九州の熊本県で生産されていて、品質も良く、作りもしっかりしています。

 

とはいえ国内で流通している畳の中には中国産のものも少なくありません。

 

中国産は安価で購入しやすいのですが、出来上がりが粗雑であったり、質の悪いいぐさを使用している場合があります。

 

このようなデメリットは一見するとわかりずらいのですが、長期で使用していると、傷みや退色が早かったりと何かしらの兆候が出てきます。

 

そういう理由もあり、畳を選ぶときは必ず国産のものを優先的に検討したほうが良いでしょう。

 

別の注意点として挙げられるのは、有害な化学物質を使用していないかどうかを確認することです。

 

畳の素材自体は天然のものですが、畳をより長く使用できるように大抵は製造工程で防カビ処理や防虫処理が行われます。

 

人によってはそのような化学物質によってアレルギー反応を起こすこともありえますので、購入の段階でどのような処理がなされているかを確認するのが賢明です。

 

他には、ホームセンターに売っているものやネットで販売している安価な畳に十分注意することや、家のインテリアに合ったデザインの畳表や畳縁を選ぶなどのポイントがあります。

 

ぜひ価格と品質の面でバランスの取れた畳を選びたいものです。

このページの先頭へ戻る